矯正治療をはじめたらお口の臭いが気になる、なんてことはありませんか?矯正装置をつけているため歯磨きがしにくい以外にも様々な要因が口臭の原因になっているかもしれません。口臭がする原因と予防・改善するためのポイントについて考えます。

矯正中に口臭が気になる理由

汚れが溜まりやすい歯並びは、虫歯や歯周病などによる口臭を引き起こします。また、咬み合わせが悪いと口呼吸になり、口の中が乾燥して口臭を悪化させてしまうのです。
そのため、「歯並びを整えることで、口臭が改善されると聞いて矯正治療を始めた」という方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、いざ矯正治療を始めてみたら以前より口臭がひどくなったと感じる人も・・・。
これはなぜでしょうか?

矯正中の口臭の原因

矯正治療中に口臭が発生する原因は、主に3つあります。

1)歯ブラシが届かず、磨き残しがある
矯正治療中のお口は、装置や器具に汚れが溜まりやすい状態です。そのため、通常の歯ブラシや磨き方では、ケアが行き届かず磨き残しができてしまいます。そこに細菌が増殖して歯垢できることで、口臭が発生するのです。

2)    口内炎や膿などの炎症がある
ワイヤー矯正では矯正の器具が頬の内側や歯茎、唇などに当たり、口内炎などのトラブルが多くなります。炎症が悪化すると悪臭をもつ膿がでることも。

3)    口の中が乾燥している
矯正治療中に、必要に応じて一時的に咬み合わせをゆるめる場合があります。そうするとお口が開いたままの状態になりやすく、唾液量が減って乾燥した状態に。これが原因で、口臭を引き起こす細菌やウイルスが、お口の中で増殖してしまうのです。

矯正治療が口臭を強くする原因となることは、できれば避けたいですよね。そのためには汚れを溜めこまないように、丁寧な歯磨きを行うことが大切です。

自宅でできる口臭ケア

歯列矯正中は器具との間などに汚れが付着しやすいので、通常よりも丁寧なブラッシングが大切です。食べカスや磨き残しはお口の細菌のエサとなり、虫歯や口臭を引き起こすため歯垢の除去はしっかりと行いましょう。
通常の歯ブラシでお手入れしにくい部分は、「ワンタフトブラシ」や「歯間ブラシ」、「デンタルフロス」などを合わせて使うのがおすすめです。

最低でも1日1回は、しっかりとお手入れするのが口臭予防のポイント!
特に寝ている間は唾液による自浄作用が少ないため、「就寝前」の歯磨きは丁寧に行うと良いでしょう。ただし、無理にブラッシングをすると矯正器具が外れてしまう可能性があるので、注意してください。

また、液体歯磨きやデンタルウォッシュ(洗口液)を利用すると、より細かくお口の汚れを取り除くことができます。
液体歯磨きは、口の中に入れてうがいをしながら歯の全体に液体を行き渡らせ、液体を吐き出した後に歯ブラシで通常通りブラッシングします。デンタルウォッシュ(洗口液)は歯磨き後にブクブクとうがいをするように使用し、お口の中を清潔に保つのに効果的です。