インビザライン治療の中でも顎間ゴム(エラスティック)を使用する事があります。 どのような場合かというと、もともとのかみ合わせで奥歯の上下の位置のズレが大きい場合に使用する事が多いです。

この顎間ゴムを使ったゴムかけについて説明していきます。

ゴムかけとは

「ゴムかけ」とは、上あごのアライナーと下あごのアライナーにまたがって治療用のゴムをかける治療のこと。患者さんご自身でゴムをひっかけ、ゴムの付け外しを行います。

上下のアライナーのどちらかにプレシジョンカットと呼ばれるゴムを引っかけやすくする切り込みが入る場合と歯の表面に小さい突起をつける場合があります。

ゴムの種類

それぞれの患者様に合わせて太さや大きさの違う顎間ゴムを使います。

治療の進み具合によっても途中でサイズを変更したりすることがあります。

ゴムかけの効果

ゴムかけで、ゴムの縮もうとする力を利用して上下の歯を動かししっかりとした噛み合わせ、歯並びを作ります。

患者様ご自身でこのゴムかけがしっかりできているかどうかで治療効果や治療期間が大きく変わります。

使用するゴムは使い捨て。劣化によってゴムの力が低下しないよう、一度外した後は新しいゴムに取替えましょう。