費用を安くしたい人のための矯正治療

はじめて矯正治療を受ける方にとって、矯正治療費用はとても分かりにくいです。料金を見比べても、どっちが高くてどっち安いのか?を理解できる方は多くありません。費用が気になる方は、以下の内容を参考にしてみてください。

1. 治療費の相場

国が定めた料金体系があるわけでもなく、費用の提示の仕方が統一されていません。歯科医院のホームページを見ても、はじめての方には“総額がいくらかどうか”は分かりづらいです。

矯正治療が終わるまでの治療費の総額は、75~100万円です。また、装置毎の総額の相場は次の通りになります。

総額の相場
表側矯正 75~85万円
裏側矯正 100~120万円
マウスピース型矯正 80~100万円

※ 自由診療ですので健康保険は適応外で、費用は10割負担です。

2. 医院間の格差

矯正治療は自由診療となっていますので、医院によって価格差が存在します。

中には、相場の金額よりも大きく安く設定している医院もあります。「医療はどこで受けても同じクオリティ」と思っている方も多く、それであれば“できるだけ安い”ところで受けたいと考える傾向にあります。しかし、歯科医師の技術差が存在しますので、単純に、費用面のみを考慮した医院選びは危険ですので注意が必要です。

3. 方法① 表側矯正

表側矯正とは?

表側矯正 表側矯正

歯の表面にブラケット装置をつける最もポピュラーな方法です。他の方法に比べて、費用が安いのが最大の特徴です。歯科クリニックによって、費用の幅はありますが、75~85万円くらいが相場です。

総額の相場 メリット デメリット
表側矯正 75~85万円 安い 装置が目立つ
成人に不人気
裏側矯正 100~120万円 全く見えない 高い
マウスピース型矯正 80~100万円 ほとんど見えない 適応症例が限られる

なぜ安いのか?

矯正治療費は、原価(材料費など)と技術料(方法の難易度や手間)により決定します。表側矯正は、この2つが、舌側矯正(裏側矯正)やマウスピース型装置による矯正(インビザライン)に比べて低いためです。

デメリットやリスクは?

  • 装置が目立ちます。
  • 成人に不人気です。

4. 方法② 部分矯正

部分矯正とは?

部分矯正 部分矯正

部分矯正では、治療範囲が限定的(前歯のみ、または、臼歯部の一部のみ)です。範囲が狭いため、治療期間も短く、治療費も安く収まります。一方、仕上がりが良くない、予後が良くないなどのデメリットもあるので注意が必要です。

なぜ安いのか?

部分矯正は治療範囲が狭いため、費用が安くなります。

デメリットやリスクは?

  • 部分矯正の対象である人が少ない。(部分矯正で治療できる人が少ない)
  • 機能的(咀嚼、発音、かみ合わせ等)な改善ができないことがある。
  • 治療の仕上がり(完成度)が低く、デコボコが少し残ることもある。