費用を安くしたい人のための矯正治療

Treatment List

方法①
表側矯正

表側矯正とは?

表側矯正 表側矯正

歯の表面にブラケット装置をつける最もポピュラーな方法です。他の方法に比べて、費用が安いのが最大の特徴です。歯科クリニックによって、費用の幅はありますが、60~80万円くらいが相場です。

なぜ安いのか?

矯正治療費は、原価(材料費など)と技術料(方法の難易度や手間)により決定します。表側矯正は、この2つが、舌側矯正(裏側矯正)やマウスピース型装置による矯正(インビザライン)に比べて低いためです。

デメリットやリスクは?

  • 装置が目立ちます。成人女性など不人気です。

方法②
部分矯正

部分矯正とは?

部分矯正 部分矯正

部分矯正では、治療範囲が限定的(前歯のみ、または、臼歯部の一部のみ)です。範囲が狭いため、治療期間も短く、治療費も安く収まります。

一方、仕上がりが良くないなどのデメリットもあります。

なぜ安いのか?

部分矯正は治療範囲が狭いため、費用が安くなります。

デメリットやリスクは?

  • 部分矯正の対象である人が少ない。(部分矯正で治療できる人が少ない)
  • 機能的(咀嚼、発音、かみ合わせ等)な改善ができないことがある。
  • 治療の仕上がり(完成度)が低く、デコボコが少し残ることもある。