叢生

叢生とは?

歯の大きさと顎の大きさにアンバランスが生じて、顎の骨の上に歯が並びきれずに、歯が重なったり、デコボコに並んだりする状態のことを「叢生」と呼びます。

乱ぐい歯と呼ばれることもあります。上あごの犬歯はが生え代わりの後半に生えてくることが多いので、生える隙間がなくなってしまい、いわゆる「八重歯」になる事があります。八重歯も叢生の中の一つです。

歯、それ自体が大きい人や顎骨の発育が悪く、顎が小さい人に起こります。歯と骨のアンバランスが大きすぎると、矯正歯科治療で歯並びを治す際に「抜歯」が必要になる事もあります。

叢生とは逆に歯並びに隙間がある場合があります。歯が小さかったり、顎の骨が大きすぎたり、叢生とは逆のアンバランスな状態を「空隙歯列」と呼びます。

すべて乳歯の時の歯並びは、「空隙」があるのが正常です。「成長空隙」と呼ばれる乳歯列の隙間は、大きな永久歯が生える場所になります。永久歯の歯並びは、隣同士の歯がしっかりと接しているのが正常な状態です。

叢生になる原因?

上述のように、叢生は歯の大きさと比較して、相対的に顎の大きさが小さすぎることにより起こります。 それ以外の原因として、乳歯が虫歯になったりなどの原因で、通常よりも早く抜けてしまった場合にも叢生の原因となる事があります。

歯は隣同士が接触していると安定します。乳歯が通常よりも早く抜けてしまうと長い期間隙間が空いたままになってしまい、隣の歯と接触しようとして歯が自動的に動いてきてしまいます。そうなると後から生えてくる永久歯の隙間がなくなってしまい叢生となる事があります。