見た目が気になる人のための矯正治療

方法①
舌側矯正(裏側矯正)

舌側矯正(裏側矯正)とは?

舌側矯正(裏側矯正) 舌側矯正(裏側矯正)

歯の内側(裏側)にブラケット装置をつけて歯を動かす方法です。芸能人などが矯正治療を行う場合によく選択される方法です。内側についたブラケット装置を気付かることはほぼなく、他人に気付かれずに矯正治療することができます。

装置装着時の見た目は?

舌側矯正(裏側矯正)装置装着時の見た目 舌側矯正(裏側矯正)装置装着時の見た目

他人の歯の裏側は、のぞき込まない限り見ることはできません。私生活において、舌側矯正を行っていることを気付かれる可能性は非常に低いです。

デメリットやリスクは?

  • 費用が表側に装置をつける方法と比較すると約2倍かかります。
  • 歯磨きなど治療中のメンテナンスの難易度が上がります。
  • 発音が悪くなる可能性があります。

方法②
マウスピース型装置による矯正(インビザライン)

マウスピース型装置による矯正(インビザライン)とは?

マウスピース型装置による矯正(インビザライン) マウスピース型装置による矯正(インビザライン)

透明なマウスピースをつけることで歯を動かす方法です。形状の異なったマウスピース数十個を取り換えながら、矯正治療を進めていきます。取り外しが可能なことも大きな特徴で、食事のときなど装置を外すことができ、ストレスが少なく矯正治療を行うことができます。

装置装着時の見た目は?

マウスピース型装置装着時の見た目 マウスピース型装置装着時の見た目

舌側矯正ほどではありませんが、矯正装置をつけていることを気付かれることはほぼありません。近くに寄って、注視すれば透明なマウスピースをつけていることは分かります。しかし、そこまで他人の歯を気にして見る方もいませんので、安心して矯正治療を進めることができます。

デメリットやリスクは?

  • 舌側矯正ほどではないが、通常の矯正治療よりも割高。
  • 1日最低20時間以上使用しなければならないが、取り外しが可能なため、意思が弱く、装置を外してしまう方がいる。