インビザラインは見た目の面、快適さの面、利便性の面など、様々な面においてメリットが多い矯正治療法です。そのため、多くの人を惹きつけ、人気はますます高まる一方です。ですが、どんな優れた治療法にもメリットだけではなく、デメリットというものがあります。治療を気持ちよく受けるために、メリットだけでなくデメリットについても理解を深めておきましょう。

自己管理をしっかりしなければならない

取り外しができるマウスピースは便利で快適な反面、ご自分でしっかりと管理をする必要があります。装着し忘れたり、装着している時間が短いと、思うような効果が現れませんので、注意が必要です

治療できないケースもある

歯列の乱れが著しく、歯と歯が大きく重なっているようなケースや、骨格自体に前後もしくは左右にずれがあるようなケースでは、インビザラインで治療することは難しく、適していません。

治療期間がかかる場合がある

インビザラインによる治療期間は、ワイヤー矯正とほぼ同じか若干短いケースが多いですが、症状によってはワイヤー矯正で治療したほうが、治療期間が短くなる場合もあります。