大人の歯列矯正

対象年齢

対象年齢 対象年齢

年齢的な目安は12歳以上の方です。大人の矯正の対象者は、年齢ではなく、歯の生え変わり状況により最終的に決まります。つまり、乳歯がすべて永久歯に生え変わった方は、大人の歯列矯正の対象となります。

治療期間

治療期間 治療期間

治療期間は、2年くらいが一般的です。中には、6か月で治療が終わる方もいらっしゃいますし、長い方では、3年以上かかる方もいらっしゃいます。

わたしの治療期間はどのくらい?

治療期間は個人差があり、長い人もいれば短い人もいます。ご自身が矯正治療をする場合、どのくらいの治療期間になるのか?を確認されたい方は、初回カウンセリングや精密検査を受けることで知ることができます。まずは、初回カウンセリングを受診ください。

装置の種類

大人の歯列矯正は、大きく分けると2つに分類されます。

① ブラケット装置
ブラケット装置
従来型の金属装置を歯の表面につけます。
② マウスピース型装置
マウスピース型装置
透明なマウスピースを装着して、歯を動かします。

方法の種類

2種類の装置を使用し、矯正治療にはさまざまな方法があります。

A.表側矯正(唇側矯正) 費用◎ 見た目×
表側矯正(唇側矯正)

ブラケット装置を歯の表側につける方法。費用が安いメリットがある。

B.裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正・ハーフリンガル矯正) 費用× 見た目◎
裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正・ハーフリンガル矯正)

ブラケット装置を歯の裏側につける方法。歯の裏側に装置をつけるので「見えない矯正」と呼ばれることもある。費用が高いのがデメリット。上顎のみを裏側に付け、下顎を表側に付けるハーフリンガル矯正というのもある。

C.マウスピース型装置を使った矯正 費用〇 見た目〇
マウスピース型装置を使った矯正

目立たない&取り外しができるのが大きなメリット。

装置や方法の選び方が分からない…

  • 装置や方法が自分ひとりでは選べない…
  • それぞれのメリット・デメリットを詳しく説明してほしい!

初回カウンセリングで、直接、歯科医師に確認することができます。

症例(治療例)

Case.マウスピース型矯正装置 / 過蓋咬合

治療前

治療後

口元の変化

主訴(改善希望点) 前歯のガタガタ
年齢・性別 23歳3ヶ月
診断 過蓋咬合
治療装置 マウスピース型矯正装置
内容 マウスピース型矯正装置を使用して過蓋咬合と主訴である下あご前歯の叢生の改善を行いました。
抜歯/非抜歯 非抜歯
治療期間 2年
治療による
リスク・副作用
矯正治療による歯の移動に伴う痛み、歯根吸収、虫歯
費用 80万円
症例のご紹介

治療結果/症例実績を確認することができます

当院の症例を確認することができます。

治療後、どのような歯並びになるのかを確認したい方や、治療実績を確認されたい方はこちらよりご確認ください。

症例ページはこちらから